MENU

性感染症(STD)の警備法

性感染症(STD)の警備法

感染やつ個数が増えている性感染症ですが、きちんとした記帳を身につけることが、性感染症警備へつながります。性感染症警備や促進を防止しましょう。

 

コンドームによる
コンドームを規則正しく使用する事で、性感染症の感染恐れを格段に押し下げる事が可能です。膣性交ところコンドームを着用するだけでは、不完全だ。

 

オーラルセックスも感染するリスクがあるので、オーラルセックスポイントからコンドームを着用するため、性感染症の警備につながります。

 

不特定多数って性行為をしない
不特定多数と性行為をする案件、感染恐れが格段に上がります。また、自分自身が性感染症に感染していた案件、大勢に感染を広げてしまう。

 

定期的に性感染症の検査を受ける
性感染症が爆発的に広まっているのは、自覚症状が貧しく、自分が性感染症に感染していると気付かずに性行為を増やす結果、大勢に感染を広げてしまっているのが大きな原因でしょう。

 

定期的に検査を受けるため、早急発見、早期治療という、感染発達を防ぐことが出来るのです。

 

 

ポンポーン感染にご注意

特定の相手がいる案件、片側が性感染症に感染するといった、2人で性感染症に感染する恐れが高まります。2人同時に感染してしまった場合、片側が診断を通じて快復を通じても、性行為を行うためもう一度感染してしまいます。

 

診断を同時期・一気に行わないと、何時までたってもポンポーン玉のラリーのように、お互いに完治しませんので、注意が必要です。

 

ジスロマック最前へ