MENU

β-ラクタム系の抗生物体は?

β-ラクタム系の抗生物質は?

お薬は、様々なシステムを通じて分類されますが、四角形のシステムをβ-ラクタム環と呼び、こういうシステムを有するタイプの抗生物質がβ-ラクタムコネクションと呼ばれている。

 

ジスロマック,アジー,通販,購入,市販,副作用,効果,即日

 

細胞膜リアクション阻害薬
細胞妨害の下における細胞膜へ作用するタイプだ。

 

細胞膜に穴が解くなどする事で、桿菌の実施受領の為に必要な大切な細胞を細胞外へって出してしまうことで桿菌自体の受領を出来なくする事で、桿菌を死滅させて仕舞うタイプだ。

 

蛋白クオリティ構築阻害薬
蛋白クオリティを合成する為に必要な器官で「リボソーム」が有ります。

 

細胞が増大する為には、細胞防止を繰り返して増大していきます。細胞分裂する為には、新細胞を決めるのに蛋白クオリティが義務として、古臭い細胞を新しく調べる場合には、リボソームが必用だ。

 

そのリボソームのつながりを阻害する事によって、新蛋白クオリティが作られなくなります。そうなると、桿菌は増大する事が出来なくなります。細胞妨害構築阻害薬の場合と違う点では、人間の細胞にもリボソームが存在するのです。

 

ただし、リボソームにもシリーズがあり、そのシリーズを突き止める事で桿菌のリボソームだけに作用し、桿菌のリボソームだけに影響を与える事が出来るのです。

 

こういった蛋白クオリティ構築阻害薬には、マクロライドコネクション、テトラサイクリンコネクション、アミノグリコシドコネクションといった抗生物質があります。

 

核酸構築阻害薬
こういう核酸構築阻害薬は、蛋白クオリティができ上がる以前の段階で、蛋白クオリティを探る為に必要などうして蛋白クオリティを作れば良いかが書いてある画策図解をDNAやRNAなどの核酸からリボソームが見つけ出す事で作られていきます。

 

その、核酸の構築クラスを統べる事で蛋白クオリティを作れなくして仕舞うタイプの抗生物質は、ニューキノロンコネクションといった抗生物質があります。

 

葉酸構築阻害薬
葉酸はあだ名ビタミンB9と呼ばれ、パーソンも桿菌も生きていく為には必要な物質で、細胞分裂する為には必要な栄養だ。

 

なので、こういう葉酸を構築を邪魔する事によって、桿菌の増大を止めるタイプが葉酸構築阻害薬だ。

 

人間の事、葉酸はめしで栄養として手に入れる事が出来るので、キャラクターは影響を受けない通り、桿菌だけに影響を与える事が出来るのです。

 

抗生物質は様々なシリーズに別れてあり、ひとりひとり効果のやれる病魔キャピタル細菌が違う。どの抗生物質が最適なのかを見積もることが全く大切です。

 

・ペニシリンコネクション       :広い感染症へ有効 梅毒や淋病など
・マクロライドコネクション      :レンサ球菌感染症他 クラミジアや淋病など
・スルホンアミドコネクション     :尿路感染症他
・テトラサイクリンコネクション    :梅毒他
・モノバクタムコネクション      :グラム陰性細菌による感染症他
・グリシルサイクリンコネクション   :おなか感染症他
・アミノグリコシドコネクション    :大腸菌による感染症他
・カルバペネムコネクション      :肺炎・敗血症他
・ポリペプチドコネクション      :まぶた・耳・スキン・膀胱の感染症
・フルオロキノロンコネクション    :桿菌性下痢他
・エタンブトール      :結核
・クロラムフェニコール   :腸チフス他
・第1年頃セファロスポリンコネクション:スキン関連の感染症
・第2年頃セファロスポリンコネクション:呼吸箱感染症他
・第3年頃セファロスポリンコネクション:スキン関連の感染症
・第4年頃セファロスポリンコネクション:シュードモナス感染症他

・第5年頃セファロスポリンコネクション:合成したスキン感染症他

 

ジスロマックスタートへ